ホーム

M字の発毛対策|本当に高濃度のミノキシジルが有効?

M字の発毛は難しい


このように言われることが多い生え際の薄毛
あるところでは、高濃度ミノキシジルが良いよとよく言われたりするのですが
高濃度ミノキシジルが良いのは、血行促進作用が強いからですよね。


実は、血行促進作用が強い場合
発毛を実感する人は多いのですが
産毛止まりで、太く、なかなか成長してくれません。


もちろん、それにも理由があります。


悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンが関係して来ます。
AGAの場合、このジヒドロテストステロンが
髪の毛が、細いままで太く育たないように信号が送られます。


たとえ、高濃度ミノキシジルを使ったとしても
生えてきたと思ったら
細いまま抜けてしまうのはこのためで
もちろん、M字対策として発毛が見られれば、それでいいというなら問題ありません。


ただ、そういった人って少ないですよね。
せっかく、発毛が見られるなら、太く育てたいですよね。
それでしたら、ホルモン対策は欠かせないものになります。


フィナステリドが含まれた薬は、
ジヒドロテストステロンを抑制する働きがあるので
そういった、飲み薬と併用することもいいのですが
ここでは、塗布型の育毛剤での育毛対策に注目しているので
塗布型の育毛剤の選び方をお伝えします。


塗布型の育毛剤でも、ジヒドロテストステロンを意識した成分があります。
特に代表的なものを紹介すると
ヒオウギエキスです。


この成分は、ジヒドロテストステロンの量を増やさない効果があります。


ジヒドロテストステロンが増えないと
細いままで抜けてしまう髪の毛も少なくなり
結果、増毛に効果的


更に、血行促進作用のある育毛剤を使うことで
発毛も実感できるということで
M字で発毛させたいならゴールデンコンビとなります。

生え際の後退に効く育毛剤|50代までフサフサでいるために

頭頂部の育毛よりも、難しいと言われることが多い
生え際の後退に効く育毛剤も開発されています。


生え際の後退に効果的な育毛剤は
ズバリ
血行促進作用+ホルモン対策
この2つのポイントをしっかりと抑えている育毛剤です。


血行促進作用については
ほとんどの育毛剤でカバーされていると思うのですが
意外ですが、ホルモン対策に焦点を当てているものが少ないように思います。


生え際の後退があるということは
AGAである場合が多く
血行促進だけでなくホルモン対策も必要です。


それは、薄毛の原因が悪玉男性ホルモンにあるため


血行促進で、ある程度の発毛を実感したとしても
体内で悪玉男性ホルモンの影響を受け
毛髪の生成が抑制されると・・・


せっかく生えてきたのに
すぐに抜けてしまうということになり
細い髪の毛が太く育ってくれません。


ですから、男性ホルモンに対して
効果のある成分が配合されている
育毛剤を使うことで、両方からアプローチでき
効果が現れやすくなります。



男性ホルモンに効果のある成分

男性ホルモンに効果のある成分の中で有名なものは
フィナステリド系のプロペシアやフィンペシアというお薬ですが
塗布系の育毛剤に含まれているものは
現段階で、私は見たことがありません。


塗布系の育毛剤に含まれていて
効果的な成分は、ヒオウギエキス


このヒオウギエキスは
悪玉ホルモンと言われるジヒドロテストステロンの
生成を結果として抑制する作用があります。


生え際の後退が気になる場合の育毛剤選びは
こういった成分が配合されるものにすることで
結果が変わってきます。

Return to page top