ホーム

前髪が伸びないから薄毛に|治りにくい生え際の育毛対策

前髪伸びない.jpg

⇒ 生え際に効果的な育毛剤は、コレだ!

前髪が伸びないと徐々に薄毛が進行しますよね。
前髪は、薄毛が進んでくると、なかなか隠すことも難しいですし
毎日、鏡で自分の進行具合を確認することができるので
精神的にも、かなりキツイという人が多い箇所です。


『伸びない』を『伸びる』に変えるには
毛根にある毛母細胞を元気にさせて発毛を促し
更に、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンという
悪玉男性ホルモンを抑制する事が必要です。

悪玉男性ホルモン対策+血行促進作用のある育毛剤で
前髪の薄毛のために作られた育毛剤というのも販売されています。

毛母細胞を元気にするには
毛母細胞は、毛乳頭と言われる箇所からの発毛司令により
活発に働きを取り戻します。


衰えつつある毛乳頭に栄養を届けることで
活発に以前のような働きに戻ることが多いのですが
問題は、前髪が伸びない薄毛の原因であるジヒドロテストステロン


生え際対策成分.jpgこのジヒドロテストステロンによって
せっかく発毛した髪の毛も
太く成長し切る前に抜け落ちてしまいます。


今、血行促進を意識しながら
育毛に取り組んでいるなら気をつけてください。


血行促進作用の育毛剤を使うことで
発毛に成功することは、よくあるのですが
それを太く成長させることこそが、
なかなか難しいのです。



ジヒドロテストステロンが原因だということを知っていれば
それに対しての対策を、していくことで
大きく結果が変わってきます。

⇒ 生え際のジヒドロテストステロン対策

生え際の育毛に成功している人は
もちろん、ここを意識して育毛対策している人がほとんどです。


前髪が伸びないとか
産毛のままで・・・
このように悩んでいる人の殆どが
気づいていない場合が多いところなので
これからの育毛に、取り入れてみてください。


1年後には、きっと鏡を見て
嬉しそうに笑う、あなたの顔が想像出来そうですね。


⇒ 生え際対策用の育毛剤

前髪の後退に気がついたら育毛剤|頭頂部に繋がる前に

前髪の後退に気がついたら育毛剤を使うと良いですよ。
前髪の後退があるということは
100%ではありませんが、男性型脱毛症(AGA)である可能性が高いです。


AGAは、悪玉男性ホルモンが増えて
徐々にヘアサイクルを見だして
髪の毛が成長する期間が短くなることで
太く成長しきれない髪が増えて薄毛が進行します。


前髪や頭頂部というところから
薄毛が始まる場合には、特に多い病気です。


そのAGAも見越した育毛対策をご紹介します。


①髪を生やすための力を上げる
髪を生成している毛根部にある毛母細胞を活性化さてあげる必要があります。
毛母細胞を活発にするには、毛母細胞に
発毛させるように司令を送る毛乳頭を元気にさせてあげること


毛乳頭を元気にするために
血液の流れを良くして栄養をたっぷりと送ると
結果、発毛させることが出来ます。


育毛剤の効果で言えば
血行促進作用があるものを使うと良いですね。


②悪玉男性ホルモンを少なくする
薄毛になるには、段階があります。
徐々に髪が細くなって抜けていくという具合に
歳を重ねると昔ほど髪のハリが無くなったと思ったことがありませんか?


これが悪玉男性ホルモンによる作用です。
悪玉男性ホルモンを減らすにはいくつかの方法があります。


悪玉男性ホルモンは、男性ホルモンと酵素が結びついて発生します。
つまり、男性ホルモンの量
または
酵素の量を減らすか、結びつかないようにすることです。


ヒオウギエキスと言われる成分などが
悪玉男性ホルモンを減らす成分だと言われています。


前髪の後退を防ぐために育毛剤を使うなら
①血行促進作用②悪玉男性ホルモン対策
少なくても、この2つの項目に効果のある育毛剤を選ぶことです。

Return to page top