ホーム

プロペシアの副作用で性欲減衰しても子作り出来ますか?

プロペシアの副作用で性欲減衰があります。
実際に、プロペシアで性欲が亡くなってしまうのか?


このように聞かれることがあるのですが
ホルモン的には、作用するのは性欲とは違ったところに
作用すると考えられているため
実際に性欲が無くなりましたとの報告が5%くらいあるようですが
プロペシアの影響ではないと考えられるのが一般的です。


少し簡単に説明すると
性欲を司る男性ホルモンがテストステロン
それと酵素である2型の5α-リダクターゼが結合して生成されるものが
薄毛の原因と言われる極力な男性ホルモンDHT


プロペシアは、DHTを減少させるために
2型の5α-リダクターゼを阻害するお薬で
つまり、男性ホルモンであるテストステロンには影響しません。


なので、性欲には関係ないだろうとの考えが一般的ですが
それでも、使用してやっぱり何だか調子が悪いと思う場合は
薬を中止して様子を見るのも良いと思います。


他にも、プロペシアを服用中に出来た子供は大丈夫だろうか?
このような心配もあるようですが
多少ですが精液にフィナステリドの成分が混ざりますが
ここも極微量であるため問題無いと言われています。


ただ、大人なら使ってみて調子が悪かったから辞める
このような選択ができるのですが
生まれてくる子供は、生まれるまでわかりません。


少しでも気になるようなら
子供ができるまでは、待ったほうが賢明だと思います。


習慣的に服用している場合には
一ヶ月ほどすれば体内から消えると言われていますので
気になる場合は、それくらいの期間空けてください。


ただ、しばらくプロペシアが使えないのは不安だと思います。
そういう場合は
自然由来の塗布型の薬用育毛剤で様子をみてください。


その時に、選ぶコツは
血行促進と男性ホルモン両方を意識されている育毛剤で
もちろん自然由来のものとなります。


安全かつ育毛効果も最大限に発揮させるため
血行促進だけでもダメですし
男性ホルモン対策だけもダメ
やはり、両方を意識して効果が出るものだと思いますから。

プロペシアの副作用は、生まれてくる子供に影響出ませんか?

プロペシアの副作用は、いろいろと報告されていますが
実際には発生の確率は5%以下と高い割合ではありません。
重篤な副作用は、更に低い割合で1%も無いくらいです。


自分で使う分には、内服しながら様子を見て
お医者さんと相談しながらということで
大丈夫だと思います。


但し、肝臓に何か持病がある場合には
医師に相談した上で服用してください。



子作り中のプロペシア

子作り中のプロペシアで気になる副作用は
性欲減衰と子供への影響です。


これから子供を作りたいとお考えなら
躊躇してしまいますよね。


性欲減衰に関しては
報告があるという事実はありますが
プロペシアが実際に働きかけるホルモンと
性欲を司るホルモンと違うため
ホルモン対策しているからと意識しすぎるために
感じられる副作用ではないかと考えられています。


子供への影響に関しては
副作用がなければ良いのですが
あったとしたら、子供が生まれてくるまでわかりませんから心配ですね。


ただし、理屈上は
子供への影響は無いと考えられています。
だから、積極的に使っても大丈夫ですよとは
ここでは言い切ることは出来ません。


理屈上ないと言われているものの
実際は、後々わかったという場合もあると思いますし
もしも、生まれてきた子供が五体満足でない場合
プロペシアを使用していたことを後悔する可能性もあります。


ですから、子作り中は
プロペシアの服用を、できるだけ避けたほうが良いと考えます。


育毛対策として
塗布型の育毛剤で血行促進
そして内服のプロペシアなどで
ホルモン対策という形が王道なのかもしれませんが
塗布型の育毛剤は
両方を兼ね備えた物も実は存在します。


子作り中は、体のことを考え
体に優しい育毛剤で様子を見ていくことが大切だと考えます。

⇒ 安全なM字対策用の育毛剤

Return to page top