ホーム

M字用育毛剤|効かないと噂の生え際対策とは

M字型の薄毛は、10代後半の若い人から
60代くらいの人まで悩んでいる人がいると言われるほど
年齢層の多い症状です。



ただ、効果が高いと言われる育毛成分ミノキシジルを使っても
なかなか効果を感じることが出来ないと言われたり
薬の説明書にまで効果が現れにくいと明言されている症状



だから、生え際のM字対策ってどうすればいいかわからないという人が多いようです。



育毛剤の主成分について

ここで、育毛剤の主成分であるミノキシジルを代用する成分についてお話しておきます。
ほとんどの育毛成分の主成分というのは
『血行促進』であることが多いですね。


栄養を毛根に運んで、毛母細胞を活性化して
ヘアサイクルを正常に戻すことによって
成長しきれない毛髪を少なくすることで効果を得ることができます。


ただ、M字型の薄毛はAGAである場合が多く
もちろんホルモンによる作用が少なからずありますので
そちらも同時に対処する必要があります。


男性ホルモンのテストステロンとⅡ型5α-リダクターゼが結合し
悪玉男性ホルモン5α-DHTを生成します。
悪玉男性ホルモン5α-DHTから発生される
「髪の毛をつくるな」という指令により細い毛になり薄毛へと進行します。


血行促進が主成分である育毛剤は
毛根に栄養を運び元気にする働きがあるとされていますが
それだけでは、ちょっと効果が弱すぎますよね。


ホルモンへのアプローチがありませんから
効果としては、鳴かず飛ばずといった結果しか出にくくなります。


最大限に効果を発揮するなら
テストステロンの結合に少しでも対抗しなくてはなりません。


テストステロンの結合に対抗するには、ヒオウギエキスがオススメ
M字用育毛剤をお探しなら
血行促進+ヒオウギエキスがたくさん入った育毛剤です。

Return to page top