ホーム

生え際に効く育毛剤|生えないと言われる剃り込みが回復

生え際に効く育毛剤は、ない!
M字になると生えてこない!
このように言われることが、しばしばあります。


生え際のM字が生えにくいと言われるのは
AGAである可能性が高く
老化現象的な要素が含まれるからです。


ただ、現在はある程度の年令を重ねても
見た目が若い人も多いですし
なんとかして、回復したいと思う人も多いようです。


一昔前は、そんな対策なんてありませんでしたし
AGAという言葉すらなく
薄くなってくると諦めるしかなかったのかもしれません。


現在でも、頭頂部は回復しやすいが
生え際のM字は、回復しにくいと言われています。



生え際M字に効く育毛剤

生え際M字に効く育毛剤は
血行促進の作用だけにとらわれず
悪玉男性ホルモンの数を減らす
ホルモン対策のとられた育毛剤です。


例えば、有名なものに女性ホルモン作用を持っていると言われるヒオウギエキス
このヒオウギエキスは、悪玉男性ホルモンの生成を結果として
抑制する作用があります。


血行促進作用だけが、良いと思われがちですが
こういった、男性ホルモン対策も
しっかりと行っていくことで
生えにくいと言われる生え際の育毛対策につながります。


このヒオウギエキスが含まれ
血行促進作用があると言われるセンブリエキスを贅沢に配合した育毛剤も
販売されていますが、こういった育毛剤で対策することで
剃り込みが、なくなったという報告もされています。


生え際の薄毛だからと諦めずに
しっかり対策することで、未来は明るいかもしれませんね。

男性ホルモンが強いからM字で薄毛が進行しやすいの?

男性ホルモンがM字の薄毛を進行させるのでしょうか?


このように聞かれることが多いのですが
直接的に男性ホルモンであるテストステロンは薄毛を進行させません。


このテストステロンとⅡ型の5α-リダクターゼと結合することで
代謝される悪玉の男性ホルモン5α-DHT
これが、M字を進行させる張本人


ただ、最近の育毛剤の傾向って御存知ですか?


ミノキシジルやセンブリエキスなどなど
良いと言われる育毛成分の殆どは
血行促進作用があるものばかり


悪玉男性ホルモンが原因でM字が進行するのにです。


血行促進することで
毛髪を生成するところに栄養を届け
働きが悪くなっているところを、元気にするわけです。


でも・・・
悪玉男性ホルモンの5α-DHTは、体内で生成されるわけでして
血行促進で頑張って対抗しても
体は、薄毛になろうとするわけです。


血行促進には、良い作用なんてありませんとは言いません。
確かに科学的にも証明されているわけなので
発毛促進させる力はありますが
体の根本を換えないと、悪玉男性ホルモンにベジータにされてしまいます。


プロペシアやフィンペシアといったフィナステリド系の飲み薬
AGAで病院にかかれば処方してもらえるお薬ですが
これらは5α-リダクターゼを阻害することで悪玉男性ホルモンの量を減らす。
これは、効果あるだろうと思います。


ただ、塗布系の育毛剤にも
ヒオウギエキスのようにテストステロンの結合に対抗する成分もあります。
こういう成分が含まれた育毛剤を使うことで
M字の薄毛の回復につながると考えます。


せっかく使うなら
血行促進にスポットが当たった育毛剤ではなく
M字ならホルモンにも作用する育毛剤が良いですね。

Return to page top