ホーム

ジヒドロテストステロンを抑制する育毛成分

AGAを引き起こすと犯人と言われるジヒドロテストステロン


このジヒドロテストステロンを、抑制することができれば
AGAの進行を止めることができると行っても過言ではありません。
DHTと略されたり、悪玉男性ホルモンと言われたい様々です。


このジヒドロテストステロンを抑制することで
AGAに対抗できるということで
どうすれば抑制できるのか?に注目が集まります。


食生活において特に摂取しておいたほうが良い成分は『亜鉛』
この亜鉛は、酵素の働きを抑制することで
ジヒドロテストステロンを抑制することができると言われています。


あとは、適度な運動
運動して汗をかくことで、細胞を活性化させることが出来ます。
ジヒドロテストステロンが増えるのは、ある種の老化現象でもあるため
適度な運動で、老化を少しでも防ぐ努力も必要です。


そして、育毛剤です。
ほとんどの育毛剤は血行促進効果が謳われているものが多いように思います。
確かに、大切な作用なのは間違いありませんが・・・
ホルモン対策となると、ちょっと物足りなさを感じます。


血行促進も大切だけど、ホルモンに作用する成分が欲しいところ


たくさん育毛剤が発売されていますが
なぜだかわかりませんが、そのホルモン作用を押してる育毛剤って
なかなか見つかりません。


ホルモンに作用すると公式サイトで紹介されているのは
ヒオウギエキス
この成分は、女性ホルモンの作用があり



テストステロンと5α-リダクターゼが結合することで
ジヒドロテストステロンが生成されるわけですが
その結合を防ぐ働きがあるとか


更にセンブリエキスの血行促進作用で
効果が現れにくいと言われる
生え際のM字部分でも回復例が紹介されています。

剃り込み部分の育毛対策|M字を回復するために

難しいと言われる剃り込み部分の育毛対策ですが
しっかりとした知識を持って取り組めば
回復したという人もいらっしゃいます。


⇒ 剃り込みに効果的な成分とは?


ただ、育毛は根気が必要と効いたことがあるかもしれませんが
突然フサフサになれるわけではなく
進行を止めてから回復させるイメージです。


対策とを考える前に
剃り込み部分の薄毛の原因について考えてみたいと思います。


多くの人が頭頂部や前頭部から
髪の毛が細くなり薄くなっていきます。
これは、男性ホルモンが大きく関係します。


男性ホルモンが悪玉男性ホルモンとなり
髪の毛の成長を妨げることで薄毛が進行します。


まず、考えないといけない剃り込み部分の育毛対策は
悪玉男性ホルモンと言われるジヒドロテストステロンを増やさないようにすること


そして、頭皮の血行を良くすることで
栄養状態も良くなります。

M字に効果のある育毛剤

M字を回復させたいと思って
ミノキシジル製品を使う人がいます。


もちろん、間違いではありませんが
血行促進に対して効果はありますが
悪玉男性ホルモンに対して何の対策もありません。


ミノキシジル製品を使うと同時に、AGAのお薬である
フィナステリドという成分が含まれたプロペシアやフィンペシアを使ったり
亜鉛を多く摂取したり、運動を心がけるなどの対策が必要


もしくは、塗布型の育毛剤に
悪玉男性ホルモンに対抗する成分があるなら
そちらのみで頑張ってみるのもありだと思います。


もちろん、悪玉男性ホルモンに対策と血行促進作用
この両方を兼ね備えた育毛剤も存在します。



生え際の剃り込みを回復させたいなら
両方を意識した育毛対策を行うことで
回復する可能性が高くなります。

Return to page top