ホーム » 男性ホルモン » プロペシアの副作用で性欲減衰しても子作り出来ますか?

プロペシアの副作用で性欲減衰しても子作り出来ますか?

プロペシアの副作用で性欲減衰があります。
実際に、プロペシアで性欲が亡くなってしまうのか?


このように聞かれることがあるのですが
ホルモン的には、作用するのは性欲とは違ったところに
作用すると考えられているため
実際に性欲が無くなりましたとの報告が5%くらいあるようですが
プロペシアの影響ではないと考えられるのが一般的です。


少し簡単に説明すると
性欲を司る男性ホルモンがテストステロン
それと酵素である2型の5α-リダクターゼが結合して生成されるものが
薄毛の原因と言われる極力な男性ホルモンDHT


プロペシアは、DHTを減少させるために
2型の5α-リダクターゼを阻害するお薬で
つまり、男性ホルモンであるテストステロンには影響しません。


なので、性欲には関係ないだろうとの考えが一般的ですが
それでも、使用してやっぱり何だか調子が悪いと思う場合は
薬を中止して様子を見るのも良いと思います。


他にも、プロペシアを服用中に出来た子供は大丈夫だろうか?
このような心配もあるようですが
多少ですが精液にフィナステリドの成分が混ざりますが
ここも極微量であるため問題無いと言われています。


ただ、大人なら使ってみて調子が悪かったから辞める
このような選択ができるのですが
生まれてくる子供は、生まれるまでわかりません。


少しでも気になるようなら
子供ができるまでは、待ったほうが賢明だと思います。


習慣的に服用している場合には
一ヶ月ほどすれば体内から消えると言われていますので
気になる場合は、それくらいの期間空けてください。


ただ、しばらくプロペシアが使えないのは不安だと思います。
そういう場合は
自然由来の塗布型の薬用育毛剤で様子をみてください。


その時に、選ぶコツは
血行促進と男性ホルモン両方を意識されている育毛剤で
もちろん自然由来のものとなります。


安全かつ育毛効果も最大限に発揮させるため
血行促進だけでもダメですし
男性ホルモン対策だけもダメ
やはり、両方を意識して効果が出るものだと思いますから。

Return to page top