ホーム » 男性ホルモン » 男性ホルモンが強いからM字で薄毛が進行しやすいの?

男性ホルモンが強いからM字で薄毛が進行しやすいの?

男性ホルモンがM字の薄毛を進行させるのでしょうか?


このように聞かれることが多いのですが
直接的に男性ホルモンであるテストステロンは薄毛を進行させません。


このテストステロンとⅡ型の5α-リダクターゼと結合することで
代謝される悪玉の男性ホルモン5α-DHT
これが、M字を進行させる張本人


ただ、最近の育毛剤の傾向って御存知ですか?


ミノキシジルやセンブリエキスなどなど
良いと言われる育毛成分の殆どは
血行促進作用があるものばかり


悪玉男性ホルモンが原因でM字が進行するのにです。


血行促進することで
毛髪を生成するところに栄養を届け
働きが悪くなっているところを、元気にするわけです。


でも・・・
悪玉男性ホルモンの5α-DHTは、体内で生成されるわけでして
血行促進で頑張って対抗しても
体は、薄毛になろうとするわけです。


血行促進には、良い作用なんてありませんとは言いません。
確かに科学的にも証明されているわけなので
発毛促進させる力はありますが
体の根本を換えないと、悪玉男性ホルモンにベジータにされてしまいます。


プロペシアやフィンペシアといったフィナステリド系の飲み薬
AGAで病院にかかれば処方してもらえるお薬ですが
これらは5α-リダクターゼを阻害することで悪玉男性ホルモンの量を減らす。
これは、効果あるだろうと思います。


ただ、塗布系の育毛剤にも
ヒオウギエキスのようにテストステロンの結合に対抗する成分もあります。
こういう成分が含まれた育毛剤を使うことで
M字の薄毛の回復につながると考えます。


せっかく使うなら
血行促進にスポットが当たった育毛剤ではなく
M字ならホルモンにも作用する育毛剤が良いですね。

Return to page top